ぎっくり腰対処法、腰に負担をかけない背筋の鍛え方!


どうも、
OSHO(オショー)です。

ぎっくり腰治りました〜???
って、誰に聞いてるのって感じですが(笑)。

今日はぎっくり腰対策にもっとも重要な予防法
背筋の鍛え方についてうんちくをば一つ・・・。

「こうやるのよ!」

っていうのを
言葉で表現するより、

画像や動画がいいだろうと思って
ネット検索してみた・・・。

But and 

OSHOの考えてるポーズが一っつも出てこないプンプン

ならばということで、
自分で書いてみようと思ったけど、

また、思い直して検索ワード替えてググってみたら・・・、
ありました〜にひひ


ちなみに昔からよく言われている、
従来型のこれはおススメしません!あしからず・・・。
     ↓↓↓
   <イラスト1>


Because、
『かえって腰を痛めまする・・・しょぼん』

なので、
OSHOの提唱する背筋トレーニングはこれ!

          ↓↓↓



イラスト(1)の真逆をいきます。

これなら、腰に負担をかけず
背筋を鍛えられます。お試しあれ。

おっとその前に

一応、文章で解説をば・・・。

(1)まず、ソファーや脚の短い机の様な
  台の上に寝そべります。

(2)次に、腰から上の上体を
  下にゆっくりと下げます(図1)。

  (3)1,2,3とカウントして
  ゆっくり元に戻します(図2)。

  (4)この動作を1セット10回
  まずはやってみましょう。

これだけでも、
腰のあたり温かくなって少しだけジンジンしてきます。

はいでは、

少しインターバルをおいて
3セット位、繰り返しましょう!

「はい、おしましいドキドキ」

次に治療法。


ぎっくり腰はやった人にしか、
その痛みは伝えられないくらいに
「痛ッターイ・・・」です。

寝返りもうてません。

寝返りうったら、
死んでしまいそうなくらい激痛が走ります。

なので、
1、2日は安静にしましょう。

でも、
ずっと寝てるわけにはいかないので、

整骨院ではなく、整形外科のお医者さんに行って
『痛み止めの注射をおねだりしましょう!』

はい、
この注射は資格のあるお医者さんしか打てません。

安心して身を委ねましょう!

患部に直接「ブスッ」っと針を入れてくれます。

「快感・・・!??」

OSHOの1回目のときは、
この痛みどめの注射が効いて

麻酔がとれても、痛みはよみがえらず
そのまま、復活できました〜。

あくまでも、これは体験談です。

あしからず・・・。

要は、

安静にして、患部を冷し、
最期のとりでで整形外科に行って注射をおねだりしましょう!!

「これで決まりさっ♪」


ではでは〜。






Copyright © 2016 人生いろいろ自己満足講座 All Rights Reserved.